• ホーム
  • 生活習慣病による泌尿器への悪影響に勃起不全治療薬

生活習慣病による泌尿器への悪影響に勃起不全治療薬

2019年11月27日

日本人の男性の多くが、何らかの生活習慣病による疾患を患っているといわれています。
高血圧による動脈硬化や、糖尿病は、代表的な存在です。
年齢層で言えば、40代男性から生活習慣病のリスクが高くなる傾向がみられます。
原因としては、食生活の乱れ、過度な飲酒、喫煙などがあげられます。
近年の特徴からは、ストレスの多さも深い関係にあると言われ、間接的に生活習慣の乱れを招いていると言われています。
改善策としては、食生活の見直しや適度な飲酒、喫煙を控えることとなり、また適度な運動が生活習慣病の予防としては効果的と言われています。
血液中の脂質が多くなるという事は、分かりやすく言えば痛風というリスを初期の段階で招きます。
そして、以外にも認知度が低い事柄ですが、下半身にも悪影響を与えるのが生活習慣病の怖さでもあるのです。
特に、泌尿器にたいして機能不全を招いたり、改善がみられない場合は尿管結石、そして膀胱がんなどの病気が高い確率で現れます。
その過程において多くの方に往々にして症状として現れるのが勃起不全、いわゆるEDになります。体内の血流が悪くなることで、あらゆる箇所に異常をきたします。
それは下半身に対しても例外なく、海綿体が正常に機能しなくなり、その結果の起るのが勃起不全となるのです。
泌尿器全体にも悪影響を与えるので、深刻な問題となります。
ペニスは男性のシンボルでもありますから、正常に機能しなければ精神的なダメージは高く、それが原因で他の病気をも招きます。
ですから、日ごろの性生活の中で射精の際の違和感、性行為中の勃起不全を感じたら生活習慣の見直しと、勃起不全治療薬の服用を考えても良いタイミングと言えます。
服用の際は、血圧を確認し医師の相談を受けてからが適切な使用法となります。