• ホーム
  • 勃起不全治療薬の服用時間は種類によって変化

勃起不全治療薬の服用時間は種類によって変化

2019年12月30日

大森駅周辺の地理に明るい方は、その近辺でEDのお悩みが相談可能です。
内科や循環器科の看板を掲げる病院に行けば、バイアグラなどのED薬の処方が受けられます。
勿論、EDの自覚症状がなければ診察を受けられませんが、大森駅周辺に病院では、軽度のEDから中等EDまで幅広い問題の相談が出来ます。
サラリーマンの方々はなかなか平日の昼ごろに病院に足を運べませんが、大森周辺なら、いわゆる土曜日診療をしている施設が豊富です。
禁煙や尿漏れ、ED全般、男性特有の更年期障害等、大森周辺は悩める男性を支援するサービスがたくさん設けられています。

速攻性の強い勃起不全治療薬は原則、エッチを行う少し前に服用しなければいけません。
前日に飲んでは早過ぎますし、ベッドインしてから慌てて飲むのもよくないです。
服用時間は、基本的にエッチの時間の60分前頃になります。
効果が劇的に高まるのは、使用後60分後ですので、逆算し、コンドームやその他グッズを用意しておけば完璧でしょう。

ただ、お薬の系統によっては二時間前、三時間前がベストな服用時間となり、更に速攻型ではない持久系の勃起不全治療薬は、なんと24時間前から使用出来ます。
有名な勃起不全治療薬は1時間から3時間前頃に服用すれば特に問題ありませんが、有効成分の種類によって服用時間は左右されますので、まずは主だった三つのタイプのベストタイミングを理解しておきましょう。

また服用時間を細かく調整するのが難しいカップルは、持久系の勃起不全治療薬を大森の病院で処方してもらうのが一番です。
持久系のお薬は使用後、二時間程度の待機が求められますが、有効成分の働きが24時間から30時間以上と、驚異的な時間維持されますから、エッチの時間に縛られず、好きな服用時間が選べます。