• ホーム
  • 勃起不全の原因は日常生活の中に、普段の生活での注意点

勃起不全の原因は日常生活の中に、普段の生活での注意点

2019年07月17日
ベッドで座っているカップル

人間が体調不良を抱える事には、明確な理由が存在してます。
一部に原因不明の怪我や病気があるものの、その大半は日常生活における習慣が原因です。
例えば肥満の主たる原因は暴飲暴食と運動不足になります。
成人男子が抱える勃起不全もまた日常生活に原因があり、慢性的な運動量の低下、寝酒やストレスの溜め過ぎ等が体調不良に結びついています。

老化だけが勃起不全の原因ではありません。
射精と精液の製造は男性が生きている限り、継続します。
50代以降の男性でも十分父親になれるポテンシャルを持っていますし、実際に60代から70代で子作りに励む人々もいらっしゃいます。

ストレスが原因の勃起不全患者は近年、増加傾向にあります。
月並みな注意点ですがストレスの溜め過ぎは避け、自分なりの娯楽の時間を意識的に持ちましょう。
真面目な男性程、勃起不全になりやすいのは、そういった注意点をスルーしてしまっているためです。
土日のどちらか一日位は普段の仕事や勉強を忘れ、リラックスとストレス解消に努める日常生活を送りましょう。
また生活習慣病同様にカロリーの取り過ぎ、足腰の運動不足なども勃起不全の危険を高めますので、ストレス解消と同時に趣味のスポーツに精を出す等、体を意識的に動かす努力が大切です。
お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎも男性機能に悪い影響を及ぼしますので、可能な方は禁煙と禁酒を、出来れば摂取量を減らすといった対策が要ります。
以上の注意点を守る事で体質の改善が進み、一度落ち込んでしまった精力も徐々に回復するでしょう。
日常生活を見直し、新しい健全な暮らしに切り替える事で、若い男子なら精子量の増加、中高年の方なら現役時間の持続が期待出来ます。