• ホーム
  • 加齢以外にも様々な種類の疾患等が原因で勃起不全が発症

加齢以外にも様々な種類の疾患等が原因で勃起不全が発症

2019年07月02日
笑顔の夫婦

年齢を重ねることによって、勃起不全の症状を発症する確率が高くなると言えます。
ただし、勃起不全の症状が現れる原因は加齢によるものだけではないとわかっており、ストレスを溜めていることや不規則な食事を続けていること、運動不足や飲酒、喫煙などのような毎日の生活習慣が原因となっていることが多いです。
これらの生活習慣の乱れによって糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病を発症している人の場合は、勃起不全になるリスクが高まります。
性的刺激が脳の信号によって、神経を通って陰茎に伝達されると陰茎海綿体の動脈が大きく広がって血液が流れこみます。
この状態のことを勃起と呼んでいるわけですが、血管に動脈硬化などの症状が発生しているときには、陰茎海綿体の動脈を広げることができないために、十分な量の血液が流れずに勃起しない症状が現れます。
心理的な要因としてストレスをかかえているときには、勃起不全の原因の1つになる可能性があります。
心理的な要因による種類のEDの場合は、年齢が20歳代から40歳代に多いと言われています。
神経系の障害を発症している場合も、EDの原因となります。
脳出血や脳腫瘍、脳外傷、アルツハイマー病など種類の疾患をわずらっている人の場合には、脳からの信号が陰茎にまでうまく伝わらなくなるために、勃起不全を発症してしまいます。
近年ではED治療薬の服用によって、一般的なリハビリテーション病院でも性機能の相談が行える施設が増えていますので、改善させることが可能になっています。
前立腺がんや膀胱がんなどの手術や外傷によって、陰茎海綿体の血管や神経を損傷してしまっているときには勃起不全が起こる危険性があります。
前立腺肥大症や前立腺炎、清掃性脈瘤などの泌尿器系の種類の疾患がある人は勃起不全の症状が現れる場合があります。