勃起不全の症状には軽度のタイプから重度のタイプがあります。
自分は健康だと思っていても、勃起不全の軽度の症状とは、勃起状態となるまで時間がかかってしまったり、性交渉の途中で弛緩状態となってしまったり、満足の出来る性行為ができない状況が一度でもあった場合は軽度の勃起不全になっている可能性があります。
勃起不全は早期発見をして早期治療を行う事が重要です。
性行為の途中で中折れなどの失敗した経験が精神的なトラウマとなってしまい、心因性の勃起不全が重くなってしまいます。
初期症状の段階では勃起不全治療薬が効果的に作用をするので、断続して使用することで男としての自信を取り戻すことができ、自信を持てる事によって精神的なトラウマを払拭し、根本的な治癒を目指せます。
勃起不全治療薬の特長としては、心因性と器質性の勃起不全に効果的な作用をします。
メカニズムとしては、男性が性的興奮や刺激を受ける事によって、神経伝達物質が分泌されることによって環状グアノシン一リン酸が生成されます。
生成された環状グアノシン一リン酸の働きによって陰核海綿体への血管が拡張され、血液が流れ込むことによってスポンジ状の海綿体が膨張し勃起状態となります。
勃起に必要な環状グアノシン一リン酸は、酵素の一種であるPDE-5によって破壊をされてしまいます。
このPDE-5の活動が活発になり分泌された環状グアノシン一リン酸をすぐに破壊してしまうのが勃起不全となるメカニズムです。
勃起不全治療薬はPDE阻害薬とも呼ばれていて、PDE-5に取りつき作用を阻害する効果を持っています。
体内で勃起をしやすい状況と維持しやすい状況を作れます。
勃起不全治療薬を服用したからといって、常に勃起状態が続くわけでは無く性的な興奮や刺激が必要になります。
マスターベーションでは射精できるのにパートナーとの性行為では中折れをしてしまうなど症状が重い場合にも効果があります。
勃起不全治療薬を利用することによって満足感を味わえる性交渉ができるようになり、パートナーとの関係も円滑になります。
薬には即効性のあるタイプや、即効性に欠けるものの持続力が長いタイプなど、用いる薬の特性によって変化します。
食事との相性が良く無いタイプもあるので、出来る限り食後二時間以上は間隔を空けるようにし、空腹に近い状態で服用することで薬本来の効果を体感できるようになります。
EDで悩みを抱えている多くの人に効果的です。